本文へ移動

平成30年度共同募金による令和元年度配分

平成30年10月1日から平成31年3月31日までの間に、皆さまからお寄せいただいた 赤い羽根共同募金 は、令和元年度に行われる以下の事業に活用されることが決定しましたので、ご報告いたします。
種類
配分額
社会福祉施設の増改築・修繕や車両の整備、備品等の購入、地域交流事業や防災・減災等の事業に使われます
81,420,000円
県域で活動する福祉団体が行う各種事業費として使われます
4,420,000円
福島県社会福祉協議会が行う広域的な福祉活動推進のための様々な事業費として使われます
9,580,000円
市町村社会福祉協議会が行う地域福祉活動推進用車両の整備や、安心・安全なまちづくりを推進するための各種事業費として使われます
3,680,000円
小規模作業所又は地域活動支援センターの年間の運営費として使われます
1,700,000円
地域で多様な福祉活動を行う住民団体、ボランティアグループ、NPOを支援します
3,000,000円
多様化・深刻化しつつある地域課題を解決するため県内で活動する団体に対して配分されます
1,586,808円
緊急配分金
非常災害により、民間社会福祉施設や団体の被害が甚大で、事業の運営に重大な支障をきたした場合の応急処置や復旧費の一部などとして使われます
5,964,148円
大規模災害等の発生に対応するための準備金として積み立てられます
12,000,000円
10
市町村祉協議会が行う地域福祉活動や在宅福祉サービスなどに使われます
123,876,368円
11
県内13市46町村にある市町村共同募金委員会の事務費や福島県共同募金会の事務費・事業費 などに使われ、効果的に共同募金運動を進めることができるようにします
63,726,000 円
合計
※ 310,953,324円
※平成30年度共同募金運動(赤い羽根共同募金)実績額2億8,602万5,665円に、平成30年度の配分辞退による返還金等(2,492万7,659円)を加え、今回の配分の原資としました。
TOPへ戻る