本文へ移動

地域課題解決型募金

地域課題解決型募金とは

 エントリー団体が自ら募金活動を行うことにより、共同募金の仕組みを活用して、県民の皆様に課題解決の協力を訴えることができる募金です。
 寄付者の皆様にとっては、エントリー団体の中から共感する団体を指定し、使いみちを選ぶことができます。

エントリー団体について

名称
2019年度福島県赤い羽根共同募金〔地域課題解決型募金〕
応募方法
『2019年度福島県赤い羽根共同募金助成事業〔地域課題解決型募金〕募集要項』をよくお読みいただき、所定の様式により福島県共同募金会へ直接郵送してください。
応募受付期間
2019年4月1日(月)~同年5月31日(金) ※必着
対象団体
(1)県内で地域福祉課題の解決に取り組む活動を行うボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO)等の非営利団体で、次の要件をすべて満たしていること。
①課題解決の必要性を広く県民に訴え、共同募金の一環として募金の呼びかけができること。
②団体の運営が、自主性、非営利、公開を原則としていること。
 自主性:特定の企業、政党、宗教団体等から独立している。
 非営利:その活動・事業から生じる利益を会員等に分配しない。
 公開:活動の内容や財務の状況を公にできる。
③会則(運営要綱、規約、定款)、事業報告書・決算書、事業計画書・予算書等が整備されていること。
④団体名義の金融機関預金口座を開設していること。
⑤活動・事業に要する資金の確保に困難をきたしていること。
 
(2)公募により、団体の運営状況、活動内容、募金活動計画等を勘案して5団体 程度を選定します。
 
(3)配分対象とする活動分野は、地域福祉の分野及び他分野との境界分野とし、公的制度だけでは解決できない様々な課題に取り組む活動とします。
 
 【事業の例】
  ・地域から孤立をなくすことを目的とした活動
  ・ニート、ひきこもりの支援
  ・子どもの貧困(子ども食堂、学習支援)
  ・子どもの居場所づくり
  ・長期入院中の児童及び家族の支援
  ・発達障害児(者)の支援
  ・家庭内暴力の被害者支援
  ・薬物依存症からの回復支援
スケジュール
○結果の通知
2019年7月上旬
 
○エントリー団体説明会
2019年8月上旬
 
○募金活動の実施
2020年1月1日~同年3月31日
 
〇配分交付式
2020年4月下旬
事業完了
助成を受けて行う事業が完了した後、実施内容や収支状況等について所定の様式により速やかに報告していただきます。

寄付受付について

◆平成30年度地域課題解決型募金寄付受付期間

平成31年1月1日から平成31年3月31日まで
 
※2019年度地域課題解決型募金の寄付受付期間は、2020年1月1日から同年3月31日までの予定です。チラシの準備ができるまで、しばらくお待ちください。

◆寄付方法

ゆうちょ銀行窓口
   郵便振替口座:02160-0-13379(窓口からの送金手数料免除)
   加入者名:社会福祉法人福島県共同募金会
   
   振込用紙の通信欄に寄付をしたい団体名もしくはチラシに記載されている
   番号をご記入ください。
 
  ※PDFデータの出力紙やチラシのコピーの払込票は使用できませんので
   ご注意ください。
 
  ※地域課題解決型募金のチラシをご希望の方は、FAXまたはEメールにて、
   次の事項をご記入の上、福島県共同募金会までご連絡ください。
   後日、郵送にてお送りいたします。
 【ご記入いただく事項】
  ・件名(「地域課題解決型募金チラシ希望」)
  ・名前
  ・住所
  ・電話番号
 【連絡先】FAXまたはEメールにて
  社会福祉法人 福島県共同募金会
  電話 024-522-0822
  FAX 024-528-1234
  Eメール:akaihane@axel.ocn.ne.jp
 
 インターネットを通じたクレジットカードによるご寄付
  赤い羽根ふるさとサポート募金「ふるサポ」
 

◆税制上の優遇措置があります

個人寄付の場合
寄付金が2千円を超える場合、所得税の寄付金控除および住民税の寄付金税額控除の対象となります。所得税における控除では、所得控除か税額控除のどちらかを選択することができます。
 
法人寄付の場合
株式会社などの法人の場合は寄付される金額について「全額損金」扱いとなります。
 
※税の控除を受けるには領収書が必要です
 地域課題解決型募金チラシの払込取扱票を使用して寄付する場合、払込取扱票通信欄の該当する部分を○で囲んでください。
 
 赤い羽根ふるさとサポート募金「ふるサポ」を通じて寄付する場合、寄付申込画面で領収書希望にチェックを加えてください
TOPへ戻る