本文へ移動

被災地住民支え合い活動助成事業

被災地住民支え合い活動助成事業  受付終了

今回の申請受付は、2019年度に実施する事業が対象なりますのでご注意ください。

名称
2019年度赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金2」 被災地住民支え合い活動助成事業
目的
東日本大震災からの復興に向け、復興・災害公営住宅や避難先、転居先での新たなコミュニティづくりや、避難解除となった地区や津波等で被災した地区のコミュニティの再生を目的としています。被災者の孤立を防ぎ、互いに支えあい、見守りあえる関係づくりを目指し、そのきっかけとなる交流事業や支援活動に助成します。
対象団体
(1) 対象団体
福島県在住者5名以上で構成されているボランティアグループやNPO法人等の非営利団体で、浜通り地区の市町村、川俣町若しくは田村市の住民同士が助け合う団体、又は当該市町村の被災者を支援する団体に限る
 
(2) 助成対象活動
福島県内において2019年度に実施する以下の活動で、主に
① 東日本大震災による避難者、帰還者及び転居者の住民同士が行う助け合い活動
② 東日本大震災により多くの住民が避難した地区等においてコミュニティを再生するために住民同士が行う助け合い活動
③ ①と②の被災地住民を支援する活動を対象とする。
 
※応募団体が主催して実施する活動であること。
※応募日(福島県共同募金会で応募書を受け付けた日)の翌日以降に実施する活動であること。
助成金額
1団体につき、1回10万円の応募を上限とします。(応募額は千円未満切り捨て)同じ団体からは1年間に2回までの応募を可能としますが、2回目の応募は1回目の助成の精算が終了していなければいけません。
応募方法
「助成事業のご案内」にて詳細をご確認のうえ、申請してください。
 
(1)提出書類
以下の書類を作成し、最寄りの市町村共同募金委員会(市町村社会福祉協議会内)で面談のうえ、確認欄の署名捺印を得てください。
①様式1「応募書」
②様式2「事業実施予算書」
③通帳の口座番号及び名義が記載されているページの写し
 
(2)申請
前項の書類を福島県共同募金会へご郵送ください。
なお、「助成事業のご案内」及び各種様式は、2019年度版をご使用ください。
応募受付期間
応募受付終了予定日:令和元年10月31日(木)
※応募受付終了予定日の前であっても、助成原資がなくなり次第、受付を終了いたします。
 
助成予定総額に達しましたので、令和元年10月25日(金)をもって受付を終了しました
TOPへ戻る