本文へ移動

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島

子ども達の「第三の居場所」を設置し、子どもの夢や自立を支援する
 日本の子どもの7人に1人が貧困状態にあると言われています。特にひとり親家庭の子どもの貧困率は先進国の中で突出しており、貧困により子どもは生きづらさを感じています。離婚などの家庭環境の変化や地域での孤立、家庭の貧困。こうした環境で生活している子どもは自己肯定感も低く、社会への信頼を失い、主体的に将来を考える気力すらなくなっています。そして、子どもたちは誰かに頼ることができず、社会から孤立しています。
 

課題

子どもの居場所づくり
 

取組内容

・子どもの居場所の運営
・学習支援と子ども食堂を実施
 

目指す成果

 子どもたちが将来に希望を持ち、成長できるよう寄り添いながら支援を行う。この支援を行うことで貧困の連鎖を断ち切り、支援の輪を地域にも広げ社会的孤立の解消を目指す。
 

団体ホームページ

TOPへ戻る